関内 | リラクゼーション184 横浜店

・エリア:関内
・日時:2017年01月某日
・担当:A嬢
・ルームタイプ:店舗タイプ
・装備:紙T横スカ
関内初回クエストです。ちょっと公式サイトがアレな感じで躊躇うところですが、チャレンジングな立地に惹かれて参加します。関内から徒歩7~8分、かの有名なラーメン二郎横浜関内店は道路の反対側に見え、曙町がすぐそこのロケーションです。

サイトを見ると大阪に拠点があるチェーンのようです。大阪もたまにクエストに出かけます。おもしろいクエストもありますが、総合的にエステ後進地域の印象です。

電話で確認の上、店舗に出向きます。入ってすぐ、宝くじ売り場のようなカウンターがあり、カウンター越しに男性店員からiPadを使って説明をうけます。受付の佇まいはまさに一般的な曙町ヘ○スのそれです。

男性店員に誘導されて急な階段を上り、いくつかある二階の一室に通されます。脇に敷かれたマットより先にまず目に入るのはおもむろに置かれた室内シャワー。恵比寿の某店で見たことあるやつです。男性店員から、シャワーを浴びて紙Pを装着の上セラピストを待つよう、指示されます。そして温度調節が難しいからとシャワーを自ら調節し退室。

早速脱いでシャワーへ。男性店員氏が調節してくれたものの、水量が少ないので自分で調節してみると、どんどんお湯が熱くなります。

「あっつー!」

思わず声がでます。一瞬70℃くらいになったでしょうか。熱いを通り越して痛いですが、おっさんが一人で室内シャワーと格闘する姿を自分で想像すると笑えます。

何とかシャワーを浴びてベージュのやや透けタイプの紙P装着。ベージュは珍しいです。

男性店員の指示通り、嬢を待ちます。よく見るとテレビや灰皿が置いてあります。待ち時間の暗示でしょうか。

孤独と静寂に耐えられなくなる頃、ノックが聞こえて嬢が入室。初対面です。

嬢の衣装は黒色で、よくあるワンピースタイプと思いきや、ワンピースにズボン着用です。この時点で店のコンセプトが何となくわかります。

背面から施術開始。タオル越しに軽くほぐしてもらったあとオイルです。オイルは惜しみなく、たっぷりです。つま先、ふくらはぎ太ももと技術的には上々です。

太ももから鼠径部にかけてたっぷりオイル。やはりたっぷりオイルはいいものです。鼠径部の時に若干装備が乱れますが、深追いしないパターンです。せっかくの横スカですが、あまりしません。

そして仰向けコール。当然あると思っていたカエル脚が無く、少しキョトンとしながら姿勢を変えます。

仰向けもオイルたっぷりですが鼠径部は浅め。特筆すべき点はないですが、基本的に技術が高いためよくリラックスできます。


タイムアップ。クエスト終了です。若干失敗寄りですが、技術的には評価したいので★1です。


報酬: 上等なほぐしx1、凡庸な癒しx1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント