日本橋 | リラクゼーション 184 難波 日本橋

・エリア:日本橋
・URL:http://www.184-massage.com/
・日時:2017年02月某日
・コース:全身オイルマッサージコース
・担当:A嬢/フリー
・ルームタイプ:店舗
・装備:???

job_tantei_s.png
大阪初回クエストです。先日訪問した横浜店との関係性調査も兼ねて大阪のクエストに出発です。

大阪発で関東進出といえばアチチスパが思いつきます。アチチの場合は、なんというか、東京進出に力が入りすぎたのか、良くも悪くも大阪での特徴が失われてしまい、正直なところ残念な印象です。なお、アチチは先に大阪、後で東京での参加でした。この系列の場合は、先に横浜、後で大阪の順ですが、さてどんなところでしょうか。

場所はサイトに所在地が載っています。地下鉄日本橋駅から徒歩3分くらいです。

店舗の外観はちょっと香ばしい居酒屋の佇まいです。(ストリートビューはこちら)

ちょっと勇気の要るドアを開けます。我ながら勇者ですが、このドアを開けてこそエステクエストです。ドアを開けてみると、左手に待合スペース、右手に間仕切りでその奥に事務所といった空間です。

うーん、雑然としています。書類らしきものが目についたり、壁に客向けの注意事項の貼り紙が雑にされており、あまり落ち着きません。外観から受ける印象そのままといったところでしょうか。ちなみに注意事項とはメンズエステにありがちな注意が書かれたものです。

男性店員氏が対応します。やや強面でラフな服装です。雰囲気は中ボスです。支払いを済ませ待合スペースのソファに着席します。

しばらく待つと店舗の出入り口からおもむろにA嬢が現れます。A嬢・登場、馳せ参上!とラップを始めてしまうくらい戸惑います。突然外から来るんですね、びっくりです。A嬢はスタイルも愛想もよく、キレイな方です。正直、ここでお会いするのはもったいないような。

A嬢に店舗奥の施術スペースに通されます。薄暗いです。狭い通路の両脇にドアが並んでいます。おそらく各ドアの奥が施術ルームとなっていると思われます。ただよく見ると施術ルームと呼ぶには不向きでしょうか。天井側が開放されており、どこからか先客の声が聞こえます。施術ブースといった方がよいかもしれません。

その施術ブースのうちの一つにに案内されます。狭いスペースにタオルが敷かれたマットが置いてあります。

A嬢「服を脱いで仰向けでタオルを掛けてお待ち下さい」

唐突な指示に戸惑います。シャワー無しなんですね。嬢に抵抗ないんだろうか、などと考えながら全裸です。そういえば装備について指示を受けてません。ならばということで、裸クエとしてマットに仰向けになります。

ですが、今度はタオルの掛け方がよくわかりません。大きさはバスタオルです。とりあえず胸のあたりに掛けてみます。下半身は裸クエです。準備ができたか部屋の外からA嬢が問われ、はいと答えます。

A嬢「失礼しまー、キャッ!」

ドアを少し開け、こちらを見て急いで閉めるA嬢。

A嬢「タオル全身に掛けて下さい!」

外から指摘されます。

(妄想)A嬢「もう!のび太さんのバカー!」

しずかちゃんのようなリアクションに思わず苦笑してしまいます。そんな大げさに驚かなくても(笑)。いそいそとバスタオルを縦方向に掛け直して全身が隠れた状態でA嬢が再入室、施術開始です。

足をホットタオルで拭いてもらいます。そうでした、シャワーを浴びていません。

ということで、実はおもしろかったのはこのあたりまでで、施術は特筆すべき点がありません。A嬢の技術は高く個人的には好きですが、足元から全身へオーソドックスな流れです。オイル比較的多用するものの、全身ヌルヌルになるほどではありません。

鼠径部のアプローチも至ってノーマルです。時折弾倉に触れる程度で余所余所しく、、どちらかというとアルティメットを回避する手の動きです。そのあたりを察しつつもA嬢と少し問答をします。

A嬢「出張なら・・・。」

ふむふむ、そういえば店内に掲示されてました、別メニューで出張マッサージがあるそうです。なるほど、そういうことですね。

施術終了後にシャワーにするかホットタオルでオイルを拭いてもらうかを聞かれます。後者を選択すると拭いてもらえます。入院したような不思議な感じです。


タイムアップ、クエスト終了です。

裸クエかつ仰向け開始ということで翻弄されました。やはり大阪、こちらの思惑通りには流れません。だがそこがいい(笑)。

帰りがけに聞いたところ、この系列はFC展開しているらしく、横浜店とはオーナーが異なり直接関係はないそうです。横浜店との共通点はオイル多めなところ、何か落ち着かない雰囲気なところでしょうか。横浜店は深追いしなくてよさそうです。


報酬:平凡な癒しx1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント