五反田 | アロマロコ / Aroma Roco

・エリア:五反田
・URL:https://www.aromaroco.com/
・日時:2017年04月某日
・コース:ラグジュアリーコース+セカンドステージ
・担当:A嬢/フリー
・ルームタイプ:マンション/住宅タイプ
・装備:紙T

pet_massage_inu_s.png

五反田のクエストです。

今年の4月にできた新しい店です。

場所はJR五反田駅から徒歩7~8分、東急池上線大崎広小路駅からだと徒歩3分くらいです。

指示された建物は古めのマンション。マンションというよりは"団地"の雰囲気です。近くを池上線が走っており時折電車の通過音が聞こえます。

いいです。駅から遠め。古い団地。電車の音。背徳感満載の"ザ・昭和"です。エステクエストはこうでなくてはいけません。

古さゆえ(?)オートロックはなく、古い建物に似合ったやはり古めのエレベーターで指示された部屋へ向かいます。

ドアチャイムを鳴らします。ドアの佇まいがまた良いです。木村多江とか壇蜜あたりが出てくると背徳感倍増、昭和ゲージが振り切れそうです。

ドアが開いてA嬢(初見)とご対面。さすがに女優さんは登場しませんが可愛らしい女性、若いです。昭和タイム終了。一気に平成タイムに突入です。

A嬢、20代前半でしょうか。胸が開き気味で若干下着がはみ出るシャツにミニスカート。ニコニコとしていますが、対応が非常に丁寧です。

室内は外観ほど古くはないのですが、ドアの形状が謎めいている部屋が見受けられます。そのうちの一つ、そうやって開くのね、という特殊仕様のドアが開き施術ルームに通されます。大きな鏡がある一室です。

ご挨拶の後、オプションのご案内。セカンドステージというオプションだそうです。うまく命名したものです。詳しく聞くと内容は鼠径部重点と"剥ぎ取られ"。

それ自体嫌いではないのですが、公式オプションですか。うーん。わざわざ公式に設定するのは客の期待感を店主導で誘発するのが狙い。すなわち単なる煽りと捉えるのが妥当です。

嫌な予感満載ですが、オプションのお誘いは断らないポリシーです。お願いしてみます。

シャワー前に装備の指示、シャワー後に装着して部屋に戻ります。

うつ伏せから施術開始。全身をほぐしてもらった後オイルです。施術は悪くありません。聞くとそれなりにキャリアをお持ちだそうです。

序盤から弾倉へのアプローチが多め。アプローチというか、ほぼ弾倉揉みです。うーん、それ自体は嫌いではないのですが序盤から飛ばしすぎ、嫌な予感。

カエル脚です。さわさわとモミモミを織り交ぜて鼠径部施術。弾倉揉みも加わります。引き続き飛ばします。

そして四つん這い。ほぼ弾倉と穴、手を伸ばして○地区攻撃です。いつもであれば砲身スタンバイなのですが、嫌な予感でメンタルが整わないせいか、あまりいうことを聞いてくれません。

仰向け。鼠径部さわさわモミモミ。予告通りならこの後剥ぎ取られです。砲身にある程度硬度を確保しておかないと格好がつかない予感、集中してどうにか格好をつけます。

そしてオプションタイムに突入。予告通り剥ぎ取られます。剥ぎ取り後、改めて鼠径部と弾倉集中攻撃。やはりオープンエアの開放感は掛け値なしでよいものです。砲身の状態もよさげ。砲身カスリと○地区への攻撃も織り交ぜます。

A嬢、体勢を変えて添い寝。太ももと膝でこちらの太もも、鼠径部をオイルマッサージ。片手で○地区。

タイミングを見計らってこちらからUBに誘導します。しかしA嬢、押せども引けども動かざること山の如し。最終的に・・・。

なるほど、予感していた通りのリアクション。

とはいえ、こちらも盛り上がっているの手前、逆に○地区を・・・。

(中略)

タイムアップ、クエスト終了です。


やはりセカンドステージという公式オプションが引っかかります。客単価を上げつつ初回から過剰に煽ってスルー、期待させてリピートで稼働率稼ぎ。嬢主導ならまだよいのですが店主導となると正直辟易します。

このクエストの見せ場は入口までに味わう昭和感、つまりピークは店に入る前に訪れます、ということで(笑)。


報酬:昭和の哀愁x1、上質の癒しx1、地区吸いx1
サブタゲ:剥ぎ取られ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント