[考察] 激アツクエストの判別ポイント① 公式サイト編

今回のテーマはクエストの選択です。実は選択というのもクエストの醍醐味で、選択を楽しめるようになるとクエストが広く深くおもしろくなります。できれば自分で見極める眼を養いたいものです。
fantasy_toumeiningen_s.png 
初回においては公式サイト(店舗サイト)が重要、というか公式サイトを唯一の情報源として重要視します。情報源としては他にもポータルや体験・口コミサイトなどはあります。しかしポータルは主にビジネスということもあってクエスト情報を手広く扱いますので、選択に必要な情報が埋もれがちです。ポータルで華美なプロモーションが展開されているクエストは、個人的には避けたいところです。体験・口コミというのも実はポータルの一部で記事はプロモーションであったしますし、個人(らしき)体験ブログは参考にはなるものの、再現性は保証されません(当ブログもしかり)。それに人が通った道というのはつまらないものです。

ここではEQマスターが考える公式サイトから読み取れる情報のチェックポイントと激アツフラグ判別をご紹介します。初回で激アツ確定するパターンもあります。


ポイント(1) サイト全体の構造 (激アツ度:なし)

サイトの構造は重要です。さすがにこれだけではアツさまでは測れませんが、サイト運営にかける費用を推し量る手がかりとなります。過剰な経費は何かにシワ寄せがきます。突き詰めれば、経営者の知性、アホ経営コンサルに騙されていないかを知る手がかりです。

公式サイトは必要かつ十分な情報を最小限の演出で提供するのが理想です。演出のせいでサイトが重いのは論外です。

  • ○情報が過不足なく揃っている
  • ○シンプル
  • ×過度な演出
  • ×Java・Flashの多用


ポイント(2) 電話番号 (激アツ度:5%)

電話番号は携帯電話(090-、080-)の方がややアツいです。現在では携帯電話の方が多機能でSMSなども簡単に送受信できますし導入経費も安いです。経費が安い方がよいのは(1)と同じです。固定電話は所在地が特定されやすいのも気になります。

  • ○携帯電話
  • △固定電話


ポイント(3) アクセス・所在地 (激アツ度:10%)

アクセスは最寄り駅から遠い方がアツいです。遠いほど敬遠されがちな中で続いているのは理由があります。

また所在地が特定できない程度に記載されているのがややアツいです。所在地が番地、建物・部屋番号まで記載されているのは避けたいです。

  • ◎駅から遠い
  • ○地域、近隣のランドマーク、最寄り駅からの所要時間を記載
  • △特定できる住所を記載


ポイント(4) Twitter (激アツ度:10%)

経験上、アツいクエストはTwitterをやっていることが多いです。ただしこれは経験則で、理由はまだ解明できていません。

  • ○Twitter開設
  • △Twitter未開設


ポイント(5) 嬢のエロ押し (激アツ度:-20%)

これも経験上、エロ押しが強いクエストほど難易度は高く好スコアが期待しにくいです。むしろ健全アピールと思えてしまうほどです。嬢のプロフィールに必要なのは名前、首から下または顔伏せの写真、年齢くらいなもので、スリーサイズは不要です。風俗店のような胸寄り、尻寄り、下着チラなどのセクシー画像・動画も同様です。

  • ○シンプルなプロフィール
  • △過剰なプロフィール
  • △スリーサイズ
  • ×嬢のセクシー画像・動画


ポイント(6) 公式サイトがブログのみ (激アツ度:50%)

割り切った経営です。いわゆる公式サイトは開設せず、無料ブログだけで運営されているところがあります。ブログのみでは訴求が弱いのは事実ですが、最寄り駅からの距離と同様に訴求が弱いのに続いているということはリピート率が高いことの裏返し。また経費のかけ方としても賢いと思われ、アホ経営コンサルの影がチラつかない点が評価できます。

  • ◎公式サイトがブログのみ


ポイント(7) サイトなし (激アツ度:100%)

これは更にアツいです。激アツ確定です。

情報発信を放棄するかのように公式サイトもブログもTwitterも一切なく、コンタクトは電話のみ。基本的に既存客からの紹介でしか参加できない秘密クエストです。情報の多い現代社会で信頼関係を構築するための思い切った手法という点で評価できます。

ですが、こういった経営も現在ではわずかになってしまいました。機会があれば率先して参加したいクエストです。

  • ◎サイトなし


以上です。

クエストは選択から。公式サイトを眺めるだけでも楽しいものです。今後レベルアップして心眼スキルが上がれば更新します。


スポンサーサイト

コメント

No title

私のブログ足跡から来ましたw

構成がシンプルで、非常にわかりやすいブログですね
とても勉強になりました

私のブログにリンクを追加させて頂きました
これからもたまに見にきます

>へらさん

コメントありがとうございます。
いつも楽しく拝見して、こちらも勉強させて頂いております。
リンクありがとうございます。
非公開コメント